qrcode.png
http://www.kitatoshima-jyusei-iryo.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

 

学校法人北豊島学園
厚生労働大臣認定
北豊島医療専門学校
〒116-0012
東京都荒川区東尾久6-32-8
TEL .03-3895-3058
FAX .03-3895-3127

MAIL:k.t.i@kitatoshima-jyusei-iryo.jp
─────────────

◆専修学校設置許可書
(平成14年1月24日)
接骨院|整骨院|整形外科

スポーツトレーナー|介護施設|デイサービス

054606
 

在校生・卒業生の声

 

在校生・卒業生の声

在校生・卒業生の声
 
在校生や卒業生から寄せられたメッセージをご紹介いたします。
快くご協力くださった皆さん、ありがとうございました。
 

在校生の声

在校生の声
 

≪1年生 篠田理菜 さん≫

私立明蓬館高等学校 卒業
--------------------------------------------------

Q:本校に決めた理由を教えて下さい

A:家から通いやすいということで見学に来たのですが、少人数制教育できめ細かい対応をしている印象を受けました。勉強に不安があったので、先生に質問しやすい雰囲気があったので、この学校で頑張ろうと思いました。

 

Q:柔道整復師を目指すきっかけは?

A:子どもの頃から柔道をやっていて、ケガをした時に接骨院に通っていました。昔から柔道整復師の先生にはお世話になっていたので、いつか自分もなりたいと思っていました。

 

Q:学生生活はどうですか?

A:社会人の方が多く、色んな年齢や仕事の人と一緒に勉強できることは楽しいです。先生方も接しやすい人が多く、勉強以外のことにも相談に乗ってくれるので助かります。

 

Q:将来の夢を教えてください。

A:治療技術を持ったトレーナーとして、スポーツジムなどで利用者さんのニーズに応えられるようになりたいです。

 

 

≪1年生 野尻夕佑希 さん≫

私立帝京高等学校 卒業
--------------------------------------------------

Q:本校に決めた理由を教えて下さい

A:当時から仕事を始めていたのですが、職場と家の両方から通いやすい学校を探していました。その中で見学した時に学校全体の落ち着いた雰囲気が気に入り、入学を決めました。

 

Q:柔道整復師を目指すきっかけは?

A:マッサージの仕事をしていて、接骨院でもアルバイトを始めたことがきっかけで、将来の見据えて国家資格の取得したいと考えるようになりました。

 

Q:学生生活はどうですか?

A:最初は、仕事の後に学校というリズムが大変かなと思ったのですが、今ではすっかり慣れて充実した日々を過ごしています。先生方が親切に教えてくれるので、難しい医療用語の理解もできています。社会人の多いクラスですので、それぞれが個人で頑張り、クラス全体にモチベーションの高い雰囲気があります。

 

Q:将来の夢を教えてください。

A:現在のマッサージや整体の技術と、これから身につけていく柔道整復師の治療技術を組み合わせて開業することを目標にしています。

 

 

≪2年生 澤村一平 さん≫

都立荒川工業高等学校 卒業
--------------------------------------------------

Q:本校に決めた理由を教えて下さい

A:夜間の学校のため、昼間働きながら夜通学するスタイルが自分に合っていると感じました。

また、授業見学した時に、教職員の方たちが気さくに声をかけていただいたこと、少人数制のため心配なことがあっても相談に乗れる雰囲気に魅力を感じました。

 

Q:柔道整復師を目指すきっかけは?

A:手に職をつけたいと思っていて、以前、接骨院で柔道整復師の先生に怪我を治してもらったことで、誰かのためになる仕事として目指したいと思いました。

 

Q:学生生活はどうですか?

A:幅広い年齢の方と交流が持て、毎日楽しく通学しています。また、先生方も親身に丁寧に教えてくれるので安心して勉強できる環境があります。

 

Q:将来の夢を教えてください。

A:接骨院で治療の技術を磨き、お年寄りから子供まで多くの人に信頼される治療家になりたいです。

 

 

≪2年生 今野良祐 さん≫

私立ルネサンス高等学校 卒業
--------------------------------------------------

Q:本校に決めた理由を教えて下さい

A:姉が北豊島高校の卒業生でしたので、資格取得を考えた時に真っ先に北豊島医療専門学校を候補にあげました。実際に見学してみて少人数制の雰囲気が自分に合っていると感じました。仕事しながら通いたかったので学費が安いことも自分にとっては大きな魅力でした。

 

Q:柔道整復師を目指すきっかけは?

A:弟が相撲をやっていて、練習場にトレーナーとして来ている柔道整復師の治療や処置を見て興味を持ちました。

 

Q:学生生活はどうですか?

A:年上のクラスメイトの人たちに勉強や生活のことでも相談にのってもらうことが多いです。先生方も質問などにもいつでも快く対応してくれるので助かっています。

 

Q:将来の夢を教えてください。

A:接骨院の他に整形外科にも勤めて、技術・知識を深めたいです。いつかは弟の治療ができるようになりたいと思っています。

 

 

卒業生の声

卒業生の声
 

≪7期生(22年度卒業) 服部光浩 先生≫ 
--------------------------------------------------

服部先生が院長をされているフラワー整骨院におじゃましました。
本校より歩いて約15分のところにある尾久銀座商店街内にあります。
その日も患者さんは途切れる事なく続々と来院されており、施術の終わった患者さんは、皆さんにこやかに会話されてお帰りになっているのが印象的でした。
 
服部先生に施術に当たっていて良いことは何かとお聞きしてみました。
 
『専門学校で学んだ知識はもちろん、治療セミナーなどで学んだ技術、知識を患者さん一人ひとりの症状に合わせて、型にはめることなく早く良くなって欲しい、という気持ちを込めて施術することで、患者さんの喜びの声が聞こえ、目に見えるかたちで人の役に立っていると実感しています。』
 
■フラワー整骨院(TokyoWalker掲載実績あり) 院長
東京都荒川区東尾久4-30-13ヒグチビル1F
TEL:03-6807-7657
 
 

≪8期生(23年度卒業) 藤崎 晋一 先生≫ 
--------------------------------------------------

Q1:仕事を始めていかがですか

A1:資格を取得して6年目になりますが、日々患者さんに接している中で「楽になった、ありがとう」という声をかけていただけたり、困った時に自分を頼ってくれる患者さんがいたりすると、とてもやりがいを感じます。その一方で、症状や患者さんの生活スタイルの違いなどによっては、思った通りに治療が進まない場合もあり、難しさを感じることもあります。

Q2:就職活動はどのようにすすめましたか

A2:在学前からアルバイトで勤めていた整骨院(現就職先)に資格取得後もそのまま就職しました。学生時代に教わった様々なことを教わった恩返しという気持ちが強くありました。

Q3:北豊島での思い出はありますか

A3:久しぶりの学生生活ということもあり、不安でいっぱいでしたが、とにかくクラスメイトが皆優しく、仲良く学生生活を送れたことが良かったです。特に勉強面において苦労しましたが、教職員の方が優しく声をかけてくれて、見守るように指導してくれたので、無事国家試験に合格することができました。学生生活では本当に人に恵まれたと思っています。

Q4:今後の展望について教えてください

A4:6月に今の場所に移転してきたばかりのため、特にお年寄りの方は今までどおり通院できなくなってしまった方が多いのが現状です。一日でも早く以前のように軌道に乗せたいとスタッフ一同頑張っています。

 

■株式会社ノア 楽らく整骨院 院長

東京都足立区六月2-22-16(TEL&FAX:03-3895-9822)

 

 

 
 
 

≪8期生(23年度卒業) 小山栄蔵 先生≫ 
--------------------------------------------------

北豊島医療専門学校で学んだことを生かし国家試験に一発合格することができ、自分の希望に合った接骨院に就職しました。

在学時は約40年ぶりの学校生活ということでしたが、仲間に恵まれ充実したものでした。
現在はスタッフの皆さんと切磋琢磨しながらさらなるステップアップへ向けて日々頑張っています!
在学中にご指導くださった先生方、本当にありがとうございます。
これから柔道整復師として『超高齢化社会』に貢献したいです。

 
 
 
 
 

≪9期生(24年度卒業) 日比野隆 先生≫ 
-------------------------------------------------

柔道整復師の資格を取得して、辛い症状の患者さんが楽になって笑顔になった時や、年配の方が喜んでくれた時などはこの免許をとって良かったと感じます。

 

将来について、今は色々な技術を勉強して多くの患者さんを楽にしてあげたいと思っています。今の積み重ねが将来につながると思うので今を大事にしたいですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

≪11期生(26年度卒業) 香取祥平 先生≫ 
--------------------------------------------------

3年生の模擬試験の結果が悪くこのままではいけないと気づき、授業や勉強方法などの取り組む姿勢が変わりました。
 
国家試験本番中も合格できるか不安でいっぱいでしたが、絶対にあきらめないという強い気持ちで、最後まで問題に向き合ったことが合格に繋がったと思っています。 
 
これから資格取得を目指す皆さんへ、とにかく在学時にいっぱい勉強をしてください。資格取得後からは患者さんのための勉強が必要になってきます。もっと学校で勉強しておけば良かったなあと社会人になって感じる毎日です。
 
 
 
 
 
 

≪13期生(28年度卒業) 染谷 政宏 先生≫ 
--------------------------------------------------

Q1:仕事を始めていかがですか

A1:卒業してからこちらの施設で機能訓練指導員として勤務しております。今までは治療業界では全く違う仕事をしておりましたので、まずは機能訓練のやり方、評価の方法を基礎から勉強しなおしております。その中でも、利用者さんから「ありがとう」と言っていただけると非常に充実しているなと感じます。

Q2:就職活動はどのようにすすめましたか

A2:こちらの施設は平成29年4月開設という施設でしたので、オープニングスタッフ募集のチラシが自宅に届いたので、興味を持って問い合わせをしました。全くの新天地での業務なので不安はたくさんありましたが、そんな中でも頑張ろうと思えたのは家族のサポートであり、クラスメイトの後押しでした。そのおかげで今の自分があるのだと思います。

Q3:北豊島での思い出はありますか

A3:授業以外でのクラスメイトとの会話です。クラスのみんなで得意な分野の問題を作ってみんなで教え合ったり、ふざけ合ったりしたことが良い思い出です。

 

■特別養護老人ホーム 鶴ヶ島 ほほえみの郷

埼玉県鶴ヶ島市大字高倉1059-1(TEL049-279-2001)

 

 

 
 
 

≪13期生(28年度卒業) 堀口 大 先生≫ 
--------------------------------------------------

Q1:仕事を始めていかがですか

A1:在学中から勤務しておりました関係で、資格を取得してからは副院長の役職をいただきました。そのことで責任感が芽生え、まずは院全体のモチベーションをさらに上げられるよう日々努力しています。苦労していることとして、治療技術の向上をしたいが、時間がとれないので、現在は治療法の本などで勉強しています。

Q2:就職活動はどのようにすすめましたか

A2:こちらのグループの接骨院に親が患者として通っていた経緯で、親から紹介されました。在学中はアルバイトとして、現在はそのまま就職しています。

Q3:北豊島での思い出はありますか

A3:授業全般が良い思い出ですが、とにかく柔道整復師の先生たちによる補講が良かったです。補講に出るようになってからは、成績も上がっていきました。国家試験の合格は、先生方のきめ細かい補講のおかげと言っても過言ではないと感じています。

Q4:今後の展望について教えてください

A4:現在は個人での開業は考えていなくて、会社を大きくしていきたいです。まずは今の院を盛り上げていき、会社内での役職を上げていきたいと考えています。

 

■ほねつぎ 荒川沖はりきゅう接骨院 副院長

茨城県土浦市中村南2-1425-1(TEL029-842-6115)

 

 

 

 

 
 
<<学校法人北豊島学園 北豊島医療専門学校>> 〒116-0012 東京都荒川区東尾久6-32-8 TEL:03-3895-3058 FAX:03-3895-3127