ブログ

 

北豊島ブログ

北豊島ブログ
 
学校や接骨院の日常や、思ったこと気づいたことを定期的に配信していきます。
写真をクリックしていただくと画像を拡大して見ることができます。
 
フォーム
 
感謝状の贈呈
2017-09-11
9月9日が何の日か、皆さんご存知でしょうか?
正解は、9(きゅう)、9(きゅう)で救急の日なんだそうです。
 
本校では7年前から、1年生の授業で普通救命講習の時間を設けています。
医療に携る者として、救命の知識は必須であると考えております。
 
この度、東京消防庁救急部長様より感謝状をいただくこととなりました。
学校の取り組みを評価いただきありがたく思います。
 
実は5年前の平成24年にも普通救命講習に関する感謝状をいただいております。
 
今後も1人の医療人として、地域医療の担い手として、救命講習は続けていきたいと考えております。
 
 
 
浅香山部屋・魁清城さん
2017-09-07
先日、浅香山部屋の力士、魁清城さんが、本校の付属接骨院に治療に来ました!
 
今週の日曜日に始まる大相撲秋場所に向けて気合の入る魁清城さんに手助けできればと思います!頑張れ魁清城!
 
テーピング講座in北豊島医療専門学校
2017-09-06
9月1日(金)に都立足立高校の男子バスケットボール部のマネージャーさん2名が来校して、テーピング講座を受講されました。
 
お1人は他のテーピング講習を受講した経験があるということだったので、復習とさらにテーピング技術を得たいということでご参加いただきました。
 
やはりバスケットボールという競技の特性上、足首と膝、そして指と手首のケガが多いということでした。
 
限られた時間でしたので、お伝えできたのは基本の巻き方だけではありましたが、是非部活動で役立ててほしいと思います。
 
ご来校いただいても出張でも対応できますので、是非お気軽にお問い合わせください。
 
こども・あらリンピック開催
2017-09-05
3日(日)荒川区主催の第4回こども・あらリンピックが開催されました。
子どもたちがニュースポーツと言われる競技で順位を競う大会です。
 
本校は第1回から救護スタッフとして参加しております。
 
結果として、今大会は、ケガをしたお子さんが1人も出ませんでした。
150名程度の参加者のいるスポーツ大会で、ケガ人を出さないということは、正に主催者側の努力の賜物であると思います。
 
今後も荒川区スポーツ振興課とタイアップして、地域貢献に励んでまいります。
 
テーピング講座in北豊島医療専門学校
2017-09-01
8月28日(月)に都立江北高校の陸上部の顧問の先生が来校されて、テーピング講座を受講されました。
 
顧問の先生ということもあり、実際の部活動の現場で発生している事例を元に、テーピングを使用した対処法や競技復帰までのプログラム、練習中や試合前の応用など、具体的なテーピング法をお伝えすることができました。
 
次回は是非、マネージャーさんや選手にもテーピング法をレクチャーできればと思います。
 
テーピング講座は、ご来校と出張のどちらでも対応できますので、是非お気軽にお問い合わせください。
 
卒業生訪問日記(ほねつぎ荒川沖はりきゅう接骨院)
2017-08-30
25日(金)に卒業生(平成28年度卒)の堀口大先生の接骨院を訪問させていただきました。
その際にインタビュー形式でお話を伺いました。
 
Q1:仕事を始めていかがですか
A1:在学中から勤務しておりました関係で、資格を取得を取得してからは副院長の役職をいただきました。そのことにより、責任感が芽生え、まずは院全体のモチベーションをさらに上げるよう日々努力しております。苦労していることとして、治療技術の向上をしたいが、時間が取れないので現在は治療法の本などで勉強しています。
 
Q2:就職活動はどのようにすすめましたか
A2:こちらの接骨院グループに親が患者として通っていた経緯で、親から紹介されました。在学中はアルバイトとして、現在はそのまま就職しています。
 
Q3:北豊島での思い出はありますか
A3:授業全般が良い思い出ですが、とにかく柔道整復師の先生方による補講が良かったです。補講に出るようになってからは、成績も上がっていきました。国家試験の合格はきめ細かい補講のおかげと言っても過言ではないと感じています。
 
Q4:今後の展望について教えてください
A4:現在は個人での開業は考えていなくて、会社を大きくしていきたい。まずは今の接骨院を盛り上げていき、会社内での役職を上げていきたいと考えています。
 
 
■ほねつぎ 荒川沖はりきゅう接骨院
茨城県土浦市中村南2-1425-1(TEL029-842-6115)
 
 
卒業生訪問日記(特別養護老人ホーム 鶴ヶ島ほほえみの郷)
2017-08-30
25日(金)に卒業生(平成28年度卒)の染谷政宏先生の介護施設を訪問させていただきました。
その際にインタビュー形式でお話を伺いました。
 
Q1:仕事を始めていかがですか
A1:卒業生してからこちらの施設で機能訓練指導員として勤務しております。今までは治療業界とは全く違う仕事をしておりましたので、まずは機能訓練のやり方、評価の方法を基礎から勉強しなおしております。その中でも、利用者さんから「ありがとう」と言っていただけると非常に充実しているなと感じます。
 
Q2:就職活動はどのようにすすめましたか
A2:こちらの施設は平成29年度4月開設の施設なので、オープニングスタッフ募集のチラシが自宅に入っていたことで応募しました。全くの新天地での業務なので不安はたくさんありましたが、そんな中でも頑張ろうと思えたのは家族のサポートであり、クラスメイトの後押しでした。そのおかげで今の自分があると思えます。
 
 
Q3:北豊島での思い出はありますか
A3:授業以外でのクラスメイトとの会話です。クラスのみんなで得意な分野の問題を作ってみんなで教え合ったり、ふざけ合ったりしたことが良い思い出です。
 
 
■特別養護老人ホーム 鶴ヶ島ほほえみの郷
埼玉県鶴ヶ島市大字高倉1059-1(TEL049-279-2001)
 
 
卒業生訪問日記(楽らく整骨院)
2017-08-30
24日(木)に卒業生(平成23年度卒)の藤崎晋一先生の院を訪問させていただきました。
その際にインタビュー形式でお話を伺いました。
 
Q1:仕事を始めていかがですか
A1:資格を取得して6年目になりますが、日々患者さんに接している中で「楽になった、ありがとう」という声をかけていただけたり、困った時に自分を頼ってくれる患者さんがいたりすると、とてもやりがいを感じます。その一方で、症状や患者さんの生活スタイルの違いなどによっては、思った通りに治療が進まない場合もあり、難しさを感じることもあります。
 
Q2:就職活動はどのようにすすめましたか
A2:在学前からアルバイトで勤めていた整骨院(現就職先)に資格取得後もそのまま就職しました。学生時代に様々なことを教わった恩返しという気持ちが強くありました。
 
 
Q3:北豊島での思い出はありますか
A3:久しぶりの学生生活ということもあり、不安でいっぱいでしたが、とにかくクラスメイトが皆優しく、仲良く学生生活を送れたことが良かったです。特に勉強面において苦労しましたが、教職員の方が優しく声をかけてくれて、見守るように指導してくれたので、無事国家試験に合格することができました。学生生活では本当に人は恵まれたと思っています。
 
Q4:今後の展望について教えてください
A4:6月に今の場所に移転してきたばかりのため、特にお年寄りの方は今までどおり通院できなくなってしまった方が多いのが現状です。一日でも早く以前のように軌道に乗せたいとスタッフ一同頑張っています。
 
■楽らく整骨院 院長
東京都足立区六月2-22-16(TEL&FAX 03-3885-9822)
 
 
医療英語第2回目
2017-08-29
昨日はバロン先生の医療英語の第2回目の授業がありました!
 
今週は先週の復習と、日付の読み方、言い方などを教わりました!
 
北豊島医療専門学校では、随時見学自由ですので、毎週月曜日の1限に行われている医療英語を是非ご覧ください!
 
キャプチャーインターナショナル王子大会
2017-08-23
8月2日に行われた北原光騎選手が主宰するキャプチャーインターナショナル王子大会の医務を務めさせていただきました。
 
今回の試合前にはデビュー30周年を迎えるウルティモドラゴン選手と北原さんのトークショーが行われました。
 
そして試合の方も熱戦、激闘が繰り広げられました!
 
次のキャプチャー王子大会は9月6日(水)に行われますので、本校も微力ながらご協力させていただきます。

学校法人北豊島学園
厚生労働大臣認定
北豊島医療専門学校
〒116-0012
東京都荒川区東尾久6-32-8
TEL .03-3895-3058
FAX .03-3895-3127

MAIL:k.t.i@kitatoshima-jyusei-iryo.jp
─────────────

◆専修学校設置許可書
(平成14年1月24日)
接骨院|整骨院|整形外科

スポーツトレーナー|介護施設|デイサービス

063642
<<学校法人北豊島学園 北豊島医療専門学校>> 〒116-0012 東京都荒川区東尾久6-32-8 TEL:03-3895-3058 FAX:03-3895-3127