高久|藤波|長州

 

ブログ

 

北豊島ブログ

北豊島ブログ
 
学校の授業やイベントなど実施されたこと、さらには教職員が思ったこと気づいたことを定期的に配信していきます。
北豊島医療専門学校の雰囲気を感じていただければと思います。
 
フォーム
 
12月28日 POWERHALL後楽園ホール大会
2019-01-23
昨年末に行われたプロレスラー長州力選手のプロディースPOWERHALLの後楽園ホール大会で、長州さんの試合前の治療と試合後のケアを行いました。
 
今年の6月26日で引退をする長州力さん。最後までご一緒させていただき、完走したいと思います!
 
北豊島学園について
2019-01-22
本校は、学校法人北豊島学園の中に位置する専門学校として平成14年に開校いたしました。
元々、本学園は大正15年に女子教育を掲げて設立されたもので、
学園構成としては、北豊島中学校(女子)、北豊島高等学校全日制(女子)、北豊島高等学校通信制(共学)、北豊島幼稚園(共学)、北豊島医療専門学校(共学)の5部門から成り立っています。
 
母体が女子高ということもあり、本学園に共通している理念として、きめ細かい指導を元にした多様な学習サポートを強みとしております。
本校は、夜間の柔道整復師専門学校として、働きながら国家資格取得を目指す方のサポートを徹底してまいります。
 
ご興味を持たれた方は、是非お気軽にお問い合わせください。
いつでもご見学、個別相談が可能です。
 
 
 
テーピング講座in都立葛西南高校
2019-01-15
1月11日(金)に都立葛西南高校さんで3年生対象に『テーピング講座』を実施しました。
対象はキャリアスポーツ受講生ということで、スポーツに対しての意識の高い生徒さんでした。
 
テーピングを巻いたことがある人もいる中で、多くの生徒さんが初めてのテーピングに意欲的に取り組んでくれました。
 
既に進路は決まっているということでしたが、本校は夜間部で社会人向けの学校ですので、
いつでも学び直しが可能であること、これからの将来において柔道整復師の有効性をお伝えさせていただきました。
 
年度末までテーピング講座は継続いたしますので、お気軽にご相談ください。
 
 
学習フォロー体制
2019-01-10
本校は少人数制の学校ですので、きめ細かいフォロー体制を大切に考えております。
医療系の勉強に対して不安がある方が多い中、いかに学校としてフォローできるかが
とても重要になってまいります。
具体的には以下のような取り組みを行っています。
 
①グルーピング指導
本校は社会人が多い中、勉強時間の確保が難しいケースも少なくありません。
そこで、クラスを習熟度別に分けて、レベルに合わせた小テスト(5問~10問)を定期的に実施してもらいます。これは繰り返しの学習効果を生み、空き時間の有効活用にもつながります。
 
②補講指導
専任教員が授業外でも補講指導を行っております。
学生の多くは仕事をかかえているので、強制参加ということはなく、
その人の生活スタイルに合わせた参加を促しています。
 
③個別指導
原則は学生からの要望に応じるかたちで、専任教員が柔軟に対応しております。
実技指導なども個別指導が可能なので、通常授業で不安に感じている生徒が
教員に相談して実施するかたちをとっています。
 
健康づくり講話in都立広尾高等学校
2018-12-26
12月20日(木)に都立広尾高校さんで1年生対象の「健康づくり講話」が実施されました。
こちらの行事では、様々な分野(医療や健康)の講師を招いてみんなで健康について考えるもので、
本校は昨年度に引き続き2年連続で講師としてお招きいただきました。
 
我々からは柔道整復師の技術であるテーピングを通して、
足の構造やケガのしやすい箇所、テーピングの用途などの説明をしました。
メインは実際にテーピングを巻いてもらう実習で、自分の体の動き方を意識してもらいました。
 
単にテーピングの巻き方を学ぶだけではなく、医療やスポーツへの興味や
柔道整復師という仕事についても関心を持っていただけたら本望です。
 
 
テーピング講座in都立小平西高等学校
2018-12-08
12月7日(金)に都立小平西高等学校さんでテーピング講座を実施させていただきました。
 
今回はソフトボール部の生徒さんと各部のマネージャーさんが対象でした。
こちらのソフトボール部は東日本大会に出場するほどの強豪校で、
テーピングへの興味関心は非常に高かったです。
 
ソフトボール部ならではの肩や肘、手首のテーピングを中心にご紹介しました。
 
柔道整復師の養成校としてお伝えしたいことは、
まずは怪我がないように日々の身体のケアが一番です。
ストレッチやマッサージでも怪我のリスクを減らすことができます。
それでも痛めてしまった時にはテーピングなどの技術が有効になります。
是非、本校のテーピング活動などを良い機会にしていただきたいと思います。
 
 
卒業生が来校してくれました
2018-12-06
先日、昨年度卒業生が近況報告のため来校してくれました。
実は彼は他校から転入してきて、本校で学び直し、国家試験に合格した学生でした。
学生時代の印象は、どこか元気のない、大人しい人物でしたが、
久しぶりに会った彼は、今の仕事が充実していることを嬉しそうに話しており、
国家資格を取得して、社会人として立派になったという印象を強く受けました。
 
当日伺ったインタビュー内容は、トップページ左側の「卒業生の声」に掲載しております。
 
浅草プロレスでトレーナー活動
2018-11-22
11月17日に旗揚げした浅草プロレスの医務、トレーナー活動を、本校の卒業生で、先日在校生に講演してくださり、浅草の整骨院に勤務する櫻井春希先生に行ってもらいました。
 
たくさんの観衆の中、選手が張り切って試合をしました!その中で、怪我をした選手が出てしまい・・・crying櫻井先生が渾身の応急手当で大会を陰ながら支えてくれました!
 
試合後に浅草プロレスのエース・雷神矢口選手から労われていた櫻井先生でした!
 
テーピング講座in都立足立高等学校
2018-11-18
11月17日(土)に都立足立高等学校さんでテーピング講座を実施させていただきました。
 
今回は陸上部の生徒さん対象ということでした。
陸上部出身の本校教員を講師として派遣し、陸上部に起きやすいケガに対するテーピングをレクチャーさせていただきました。
 
また、講座の中で、偏平足(足のつちふまずが少ない状態)の人が多いように見受けられたので、そのリスクと対処法も急きょお伝えしました。
 
スポーツに怪我のリスクはつきものです。その中で、体の構造や働きを理解することで、
避けられるものも多くあります。
興味のある方は、是非オープンキャンパスに授業見学にもお越しください。
 
教えて!卒業生!
2018-11-16
11月14日(水)に在校生対象の特別講演会を実施しました。
内容は、業界で活躍している卒業生の先輩に来ていただき、
国家試験までの勉強や在学時代の話や資格取得後の仕事などについてお話いただきました。
 
今回来ていただいたのは、本校第4期卒業生(平成19年度卒)の櫻井春希先生という方で、
資格取得後や整形外科や接骨院分院長を経て、現在接骨院グループの本部勤務をされています。
 
いくつか在校生にメッセージをいただいたのですが、その中でも「みんな合格できる!」というお話はとても印象的でした。
是非、この体験を良い機会として日々の学業と仕事に励んでもらえたらと思います。
 
 
■櫻井先生の勤務先
会社名:株式会社アイケー・メディケアワークス
代表者:榊 康充
住 所:東京都台東区松が谷4-24-10
電 話:03-3845-5630
各 院:リバース浅草鍼灸整骨院   台東区松が谷4-24-10
    リバース千束通り鍼灸整骨院 台東区浅草5-30-10
    有隣館日暮里鍼灸整骨院   荒川区西日暮里2-26-10
 
qrcode.png
http://www.kitatoshima-jyusei-iryo.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

 

学校法人北豊島学園
厚生労働大臣認定
北豊島医療専門学校
〒116-0012
東京都荒川区東尾久6-32-8
TEL .03-3895-3058
FAX .03-3895-3127

MAIL:k.t.i@kitatoshima-jyusei-iryo.jp
─────────────

◆専修学校設置許可書
(平成14年1月24日)
接骨院|整骨院|整形外科

スポーツトレーナー|介護施設|デイサービス

069918
<<学校法人北豊島学園 北豊島医療専門学校>> 〒116-0012 東京都荒川区東尾久6-32-8 TEL:03-3895-3058 FAX:03-3895-3127